地球に優しいエコ住宅が知りたい

地球に優しいエコ住宅

「エコ」は「エコロジー」を略した言葉で、本当の意味は「生態学」の事ですが現代は人間生活と自然との調和を表す意味として多く使われています。
例えば「エコカー」「エコクッキング」など「エコ」が付く言葉が非常に多くあります。
住まいにも「エコ住宅」があります。
どんな家を「エコ住宅」と言うと、簡単に言えば人工ではない自然の素材を多く取り入れた材料を使用し、結露や省エネルギー対策をしたメンテナンスがしやすい家の事を言います。
詳しく説明すると構造が長持ちするように耐震性に優れ、劣化を防ぐために結露対策が十分に施されていなければなりません。
断熱性、気密性、換気や暖房計画がきちんとなされている事も必要です。
素材については製造から施工、居住、解体、廃棄までを考え、健康や環境を考慮した物になります。
そして長い年月住む間に不具合が起こった場合にメンテナンスがしやすい事も必要です。
更に年月と共に古くなるのでは無く「アンティーク感」が得られる効果もエコ住宅にはあります。
そんなエコ住宅は新築だけでなく中古の住宅としても流通しており中古住宅としても価値は随分高くなります。
今まで家は50年位が寿命だと言われてきましたが短命で終わることなく、エコ住宅は寿命の長い住宅となっています。
年々、人間の寿命が長くなる様に住まいの寿命も長くなってきていると言う事です。
エコ住宅の考え方の一つに「自然との共生」があります。
それには2つの考え方があって1つは自然の力を借りて家を造る事です。
例えば太陽光発電や風のエネルギー、自然の材木の利用、雨水の利用などが挙げられます。
2つ目は自然の威力に負けない事で地震や台風などの自然災害から家を守る事です。
耐震性に優れ、温度や湿度の変化に対応でする家である事です。
こんなエコ住宅は住む人が健康で快適に過ごす事が出来るはずで、きっと「こんなに住みやすい住まいは他にあるだろうか」と思うはずです。
安心して長く住む事が出来て、きっと人が最後に安住できる「終の棲家」となる事でしょう。
Copyright (C)2018地球に優しいエコ住宅が知りたい.All rights reserved.